柳沢慎吾の徹子の部屋の過去の放送回は?歴代の出演回まとめ

柳沢慎吾さんはこれまでにも何度か徹子の部屋に出演されているようです。

今回、2020年1月10日の放送では、お姉さんの裕子さんがサプライズ登場し、お二人の関係などが取り上げられました。

過去の放送はどのような内容であったのでしょう。

スポンサーリンク

これまでに何度出演している?

どうやら、過去に4回は出演されているようです。なので、今回、2020年1月10日の出演です少なくとも合計5回出演していることになります。

徹子の部屋のwikiによると、最多出演の人は、加山雄三さんで48回らしいです。タモリさんは39回とか。

1976年に開始された番組なので、加山さんやタモリさんは毎年のように出演しているということになります。これだけ出演しているとネタがなくならないのでしょうかね。

加山さんやタモリさんに比べると少ないですが、それでも5回。有名番組に5回も出演できるということも偉いと思うのですが、長年、芸能人を続けられていることが、もっと偉いのではないでしょうか。

本当の仕事というのは、同じことを続けるのが難しいですから。

いつ出演している?

少なくとも、以下の時期に出演されているようです。

1984年8月15日(22歳のとき)

2002年9月23日(40歳のとき)

2005年7月22日(43歳のとき)

2012年7月26日(50歳のとき)

2020年1月10日(57歳のとき)

22歳以降、40歳まで少し時間が空いているようです。やはり力をつけるのには時間がかかるということなのでしょうかね。

まあ、なんでもそうなのかもしれません。普通に会社勤めしている人も、50歳前後以降から急に肩書がいろいろと変わるようになりますが、これと同じなのでしょう。

スポンサーリンク

どんな内容だった?

1984年8月15日 ?

2002年9月23日 爆笑・柳澤慎吾の保存版熱闘甲子園

2005年7月22日 大人気の爆笑芸で大興奮(甲子園ネタ)

2012年7月26日 ふぞろいの林檎、父とのCM共演、修業時代の失敗、レッドカーペットに興奮、憧れのカンヌで大騒動など

2020年1月10日 モノマネ披露、姉裕子さんの失敗話、裕子さんサプライズ登場、弟へ宛てた手紙で涙

1984年の内容は残念ながら情報を見つけられませんでした。その後は、モノマネ、甲子園ネタが定番のようです。

これまでに何度も見ているのですが、飽きないですね。ほかの人はどう思っているのかと思い、ツイッターを見てみると、飽きないと感じる人はいるようです。

同じネタで何十年も観客を飽きさせることなく、笑わせることができるというのは、いったいどうやっているのでしょうね。

毎回何かしら微妙な違いを持たせているのかもしれません。

自分の得意なものを見つけられた人というのは強い、と常々思っているのですが、慎吾さんをみていると、ますますそのように感じました。

まとめ

今回は、柳沢慎吾さんの徹子の部屋の過去の出演回について取り上げてみました。5回は出演されているようです。内容はものまねが多いようでしたが、昔の話、最近の話、家族関係の話、出演した番組の話など、多岐にわたっているようでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク