墓地デザイナーの関野らんの経歴と年収はどれくらい?

樹木葬という新しい形式の墓地が最近流行っているようです。この墓地の形式でとみに有名になりつつある人物の一人が、関野らんさんというデザイナーの方のようです。

どんな人で、どういう活動をされているのでしょう。調べてみました。

スポンサーリンク

関野らんさんのプロフィール

出典:METACITUY

生年月日:1985年?

資格:一級建築士

職業:墓地・ランドスケープデザイナー、建築家

学歴:東京大学工学部、同大学院修士課程

経歴:

2008年 東京大学大学院工学系研究科修士課程修了
2008年 11月 川添善行・都市・建築設計研究所勤務
2011年 Sran Design主宰
2015年 株式会社SRAN DESIGN設立

同じ学歴の人は多数いるでしょうが、関野さんのような有名な人は、自分は聞いたためしがありません。

お墓のデザインで有名になられたようですが、お墓で有名になる前に、既に建築物のデザインで賞を取るなどされていたようです。

学歴がえらいのではなく、関野さん個人がえらいということでしょう。

どんな墓地を作っている?

出典:kazenooka.tokyo

美術館の庭園部分と見紛うばかりの極めて美しい外観ですね。お墓というより美術作品のようです。

お墓というとどちらかというと、暗いイメージがあったのですが、関野さんの作ったお墓はとても晴明な感じです。

スポンサーリンク

年収はどれくらい?

出典:kazenooka.tokyo

現状、数千万円程度と推測します。

どれくらいの数をこなしているか、案件ごとの単価がどの程度かによりますが、工事費×数パーセントという計算を前提にするなら、売上は大きいはずです。

小さな店舗の設計などであれば、小さい分工事費も少ないですが、関野さんが設計するのは墓地という大きなものだからです。

この手の仕事は、サービスを差別化できており、顧客獲得に成功していれば、損益構造的にはもうかりやすいので、関野さんは相当稼いでいると推測します。

製造業のように大規模な生産設備が必要なわけではない、在庫がいならい、粗利率は高い、市場は拡大傾向、と儲かる条件がそろっていからです。

儲かっていない人は差別化できていないか、していない可能性が高いです。

高齢者の世代の死亡者数が増えていきますから、将来的に仕事が増えれば、1億円超程度にはなると推測します。

まとめ

今回は、墓地デザイナーの関野らんさんについてとり上げました。非常に革新的で美しいお墓をデザインされている方のようです。

そんな関野さんが、テレビで取り上げられるようです。どんなお話しがあるのか、楽しみなところですね。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク