ラッパー課長のwiki経歴や現在の会社は?【漫画家】

サラリーマンの聖地といわれる東京新橋に、「新橋サイファー」というラップ音楽関係の集団があるそうです。

その集団における重要人物が、ラッパー課長という会社員を名乗る人らしいのです。

一体、ラッパー課長とはどんな素性の人物でしょうか。

スポンサーリンク

ラッパー課長のプロフィール

出典:https://mangahack.com/users/33630/comics

名前:SATO☆C(サトシー)

生年月日:1976年?(43歳)

出身:不明

経歴:

2016年 40歳 ラップを始める
2017年 41歳 「ハジメロ」で歌手デビュー、東京湾船上リリースライブ開催
2018年 42歳 ラップSF漫画「ワンバース」執筆開始、連載中
2019年 43歳 マツコ会議に出演

普段の職業は某IT企業の会社員で課長であるご様子です。

課長であれば、仕事も相当忙しいはずですが、その中でこれだけいろいろなことができるというのは、体力がある人ではありそうです。

これだけ動けるなら、会社員ではなく、最初から会社を設立されていれば、もっといいことになっていたのではないでしょうか。

学校に通っていた時期に、いい大学→いい会社、という幻想に洗脳されていなければ・・・と感じざるを得ません。

ご家族は?

お嫁さんと10代の娘さんと息子さんがいるそうです。

ご家族がいらっしゃるとなると、今から自分で会社設立して、自分で稼ぐ、というのはキャッシュフロー的にきつそうです。

課長となると、勤務先の会社のこともほったらかしにはできないでしょうから、現状から抜け出すのはちょっと難しそうな気がします。

歌手として活動されている?

1stアルバム「ハジメロ」をリリースされています。船上ライブなども開催されています。

スポンサーリンク

漫画家でもある?

1年前から漫画の執筆をはじめられたようです。

ここ3年程度で、会社勤めしながら、歌手もやって漫画家としても活動できる、ということは学ぶスピードが非常に速いということで、SATO-Cさんは頭の良い人なのでしょう。

子どもの時から漫画家になりたかったそうです。

現在の会社はどこ?

残念ながら、どこの会社かはわかりませんでした。参考になりそうな情報はせいぜい以下のものくらいでした。

とにかく前に出てくるラッパー課長は、大手IT企業の課長で、取材に行ったディレクターと同い年の43歳。

出典:https://www.tvguide.or.jp/news/20191123/04.html

「今日は大阪」と書いてあるので、出張でしょうか。課長なら出張もたくさんありそうです。

また、息子さんの七五三で、東京スカイツリーが見える場所にある神社に参拝されたりしているので、自宅も会社も千代田区に近い場所なのかもしれません。

新橋駅に短時間で来れる場所でIT企業というのは、たくさんありすぎるので、特定はできませんでした。

スポンサーリンク

SATO-Cさんは会社勤めしたくない?

歌手や漫画家をされているということは、やはり本当は会社員などしたくないのでしょうか。この点について、娘さんと将棋をされていたときに、下記のようなことをSATO-Cさんは述べておられます。

願わくば誰かのコマとして生きるのではなく女王として自分の人生という王国を統治ください

出典:https://blog.goo.ne.jp/satoc2016

この言葉から、SATO-Cさんは、会社員という生き方に潜在的に共感していない、という心理が強く感じられました。

みんな会社員などという生き方をやめて、自分で稼ぐことを考えろと常々おもっているのですが、そのような考えをもっているのは自分だけでしょうか。

今日が最期の日でも会社に通勤するのか、とか、スティーブ・ジョブスの「他人の人生を生きたりして無駄にすごしてはいけない」という言葉を思い出してしまいました。

まとめ

今回は、新橋サイファーの重要人物、ラッパー課長のSATO-Cさんをとり上げました。大手IT企業の課長でお子さん2人、歌手と漫画家としても活動中、どこの会社かは不明でした。

会社勤めを本当はしたくないのであろうという感じがしました。SATO-Cさんがどこかのタイミングで、会社から脱出・生還できることを祈りたいです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク