作田スティーブン法道の経歴は?浄土宗の佐賀弁ニュージーランド人僧侶

佐賀県にニュージーランド出身の浄土宗のお坊さんがいるそうです。2019年9月23日月曜 夜7時から放送される、YOUは何しに日本へ?に出演されるようです。

作田法道さんという方のようです。どんな経歴の人で、どれくらいの年収の人でしょうか。検討してみました。

スポンサーリンク

作田スティーブン法道さんの経歴

出典:desulfuriser25.rssing.com

名前:作田スティーブン法道(ウィズフォード・スティーブン)

生年月日:1978年?(40歳?)

出身:ニュージーランド

宗派:浄土宗

職業:

佐賀教区 西光寺住職
国内国外教育支援団体 Terra Net 国際広報

経歴:

1995年01月 大阪の高校に1年間留学
ニュージーランドへ帰国、大学に進学
知恩院などで修行を重ね僧侶となる
2016年11月 知恩院秋のライトアップ2016 お坊さんと話してみよう!
2017年11月 知恩院おてつぎフェス お坊さんとはなしてみませんか
2019年01月 第12回在住外国籍市民によるパネルディスカッション
2019年09月 佐賀文化プログラム ニュージーランドフェア

ご両親はキリスト教の教会で働いておられたようです。

宗教的なことに関してとても厳しくされたようで、週5日は教会に通い聖書を読まされ、賛美歌を歌わされていたそうです。本やテレビもお父さんの許可が必要だったそうです。

たまたまキリスト教徒の家にうまれてキリスト教徒だから天国にいって、たまたま仏教やイスラム教の国に生まれていたら、たまたまで地獄行になるというキリスト教の考えに納得ができなかったそうです。

論理的にはそのとおりだと思うし、共感もできるのですが、そんなにかたく考えんでもいいではないか、適当にやってればいいのではと、個人的には思いました。外国の人は、宗教に関して真面目なのでしょうか。

ご両親は、息子さんが日本へ留学することを認めたり、仏教のお寺の女性と結婚すること、仏教の僧侶になることを受け入れていることなどからすると、頭の悪い人間ではないのではなかろうかと感じたのですが、皆さんはどう思われるでしょう。

ご結婚はされている?

されているようです。日本への留学後、ニュージーランドに帰国し、大学に通われています。そのときに西光寺の長女であった今のご妻女とご結婚されているようです。

年収はどれくらい?

情報が発見できなかったため不明ですが、お坊さんの年収というのは、平均すると600~700万円程度だそうです。

ただ、一部の稼いでいるお寺が平均を引き上げているでしょうから、中央値はもっと低いことが推測できます。

これからしばらくの間は、死亡する人は増加するで、中期的には年収は増加するかもしれません。少子化なので長期的には減少方向に圧力が働くかもしれません。

講演や執筆など、葬式以外のサービスラインを充実させれば増やせるかもしれませんね。

スティーブンさんの場合、英語ができるので、「浄土宗」+「英語」+「ニュージーランド」などの組み合わせで、海外向けに情報発信などしたら面白そうです。

真似できる人が少ないので、稼げるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、佐賀県の浄土宗のニュージーランド出身の僧侶、作田スティーブン法道さんをとり上げました。キリスト教から浄土宗に移られた珍しい人のようでした。

そんなスティーブンさんが、2019年9月23日月曜 夜7時から放送される、YOUは何しに日本へ?に出演されるようです。どんなお話しをされるのか、楽しみなところですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。