京都ビアラボ、村岸秀和さんの経歴は?

2019年9月26日木曜、夜8時からTBSで放送された、ウチの子、ニッポンで元気ですか?において、京都ビアラボの村岸さんが出演されました。

共同経営者のトム・エインズワースさんのことは、テレビで詳細にとり上げられたようです。もう一人の共同経営者である村岸さんは、どいういう方なのでしょうか。調べてみました。

スポンサーリンク

村岸秀和さんのプロフィール

出典:radiocafe.jp

生年月日:1976年?

出身:滋賀県彦根市

経歴:

1999年03月 同志社大学法学部卒
2008年01月 NPO法人クリエーターズ・ジャパン設立
2010年 ?月 和束町(わづかちょう)の町おこし活動を始める
2014年 ?月 「茶園本舗」において和束茶ビールを開発
2015年10月 京都茶ビール合同会社を設立
2016年09月 トムさんと出会う
2017年04月 トムさんと京都ビアラボの開業準備
2017年08月 店舗改修工事開始
2018年03年 製造免許取得、京都ビアラボ オープン
2018年08月 ジャパン・ビア・タイムズに取り上げられる
2019年09月 TBS ウチの子、ニッポンで元気ですか?に出演

村岸さんは、ビール醸造家として活動を始められた訳ではなく、当初はNPO法人を設立され、京都市内の古民家や空き家の再利用、有効活用のための活動をされていたようです。

京都府の南のほうにある、和束町という町のまちおこし活動にも尽力され、和束町のお茶を活用するという経緯で、ビールの醸造にも着手されたようです。

どうやら、茶ビールはすぐに売れたわけではなく、いろいろと苦労されたようです。

トムさんにビール醸造を任せてからは、大人気のようなので、村岸さんの経営判断は非常に正しかったと思うのですが、皆さんはどう思われるのでしょう。

スポンサーリンク

年収はどれくらい?

出典:creatorsjapan.jp

600~700万円程度でしょうか。

仮に、京都ビアラボで月40万円、NPO法人で月20万円とすると、合計月60万円。年収だと720万円程度でしょうか。

京都ビアラボのほうは、店を開いてから時間があまりたっていないので、もうすこし少ないかもしれません。

まとめ

今回は、京都ビアラボの共同経営者の、村岸秀和さんをとり上げました。経営判断の優れた方のようでした。

今後も、茶ビールのことでテレビ出演などされるかもしれません。どんなお話しをされるのか、楽しみなところですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク