神戸市立東須磨小学校暴行事件の登場人物一覧は?

神戸市の東須磨小学校という学校の教員が暴行事件を起こし、校長が隠蔽していたようです。2019年10月9日水曜、夕方に記者会見が行われています。

この事件をめぐっては、登場人物が増えているように思いますので、この事件の時系列と登場人物をまとめておきたいと思います。

(更新履歴)

10月13日 登場人物8~10に、女性教諭のセクハラ被害の内容を追加
10月13日 登場人物1に、被害内容を追加
10月14日 登場人物8~10に、女性教諭のセクハラ被害の内容を追加
10月15日 登場人物7に、前校長の発言を追記
10月16日 登場人物2に、長谷川氏の家族について追記
10月16日 登場人物7に、前校長の発言を追記
10月17日 登場人物1に、被害内容追加
10月17日 登場人物2に、暴言等の内容追加
10月17日 登場人物2、3~5に、謝罪文追加
10月17日 登場人物12に、保護者説明会追加

スポンサーリンク

4加害者の顔写真

6月以降の時系列まとめ

6月20日ごろ 期首面談の連絡 

7月1日 暴力を受けている旨、教頭が把握

7月2日 校長が被害を把握

7月3~4日 加害教員から聞き取り

?日 加害教員に指導

?日 被害教員から暴言がまたあったと校長に連絡

?日 職員会で全体に対して注意

?日 校長から指導した旨、市教委が報告を受ける

9月2日 始業式の際、被害者の先生が休むことが発表される

9月?日 被害者の家族から相談

9月?日 

被害者から動画や写真を受け取る(被害者がどう入手したかは不明とのこと、一つ二つではないとのこと)

10月9日 事件の記者会見

10月10日 被害者の先生が児童にメッセージ公表

10月11日 

5人目の加害者発見か?
文科省が副大臣と政務官派遣を決定
被害届提出
市教委、神戸方式の人事慣行の廃止決定

10月14日? 前校長が「気付かなかった」「相談はなかった」と回答 

10月15日

文科副大臣らが教育委員会と面談、厳正な処分を求める。
市教委が、市内の市立学校長らへの説明会で全教職員を対象に調査方針示す

10月16日 東須磨小保護者説明会で4人の謝罪文が読み上げられる

スポンサーリンク

登場人物1:被害者の先生

年齢:25歳

性別:男

経歴:

2017年04月 赴任、当初からいじめ行為を受け始める
2018年04月 いじめ行為が酷くなり始める
2018年12月 前校長にいじめについて相談するももみ消される
2019年04月 眠れなくなる、呼吸困難になる症状に苦しみ始める
2019年09月 体調を崩し、休職
2019年10月 児童に対しメッセージを公表、被害届を提出

児童に対するメッセージ:

「いつか、みんなの前でまた元気になった姿を必ず見せに行きます。その日を夢見て先生も頑張ります」

出典:yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00016297-jprime-soci&p=3

事件に関する情報:

 ■直接的な暴力など

 ・平手打ちや蹴られる(加害教員の一人は毎日のように)

 ・防犯研修後、関節技をかけられる。「痛い、痛い」と言ってもやめない

 ・首を絞められて呼吸困難に(複数回)

 ・膝蹴り(複数回)

 ・プロレス技で首を締め上げられる

 ・背中を肘でぐりぐりされる

 ・足を思いっきり踏まれる

 ・紙の芯ででん部をフルスイングで殴られる

 ・印刷用紙が入った段ボール箱をいきなり頭に置かれる

 ・乳首を思い切りつねられ、数日間あざに

 ・乳首を掃除機で吸われる

 ・熱湯の入ったやかんを顔につけられる

 ・家庭科室で身動きができない状態にされ、激辛カレーを口に入れられる

 ■器物損壊など

 ・かばんに氷を入れられ、びしょびしょにされる(少なくとも数十回)

 ・車に大量の灰皿の水をまき散らされる

 ・「最近、子どもがトマトジュースにはまってるねん」と言いながら、車にトマトジュースをかけられた

 ・児童に配布するプリントに水を垂らされる(何度も)

 ・携帯電話を隠される

 ・出張前に「出張行ったら甘いもん買ってくるのが礼儀やろ」と言われたので買って帰ると、「こんなんで好かれようとするな」と目の前で捨てられた

 ・少しダメージ加工のあるジーンズをはいていると、「お前いちびってるから穴広げたる」と言ってビリビリに破かれた

 ■強要行為

 ・仕事が終わっていないのに「はよ帰りたいから送れや、くず」と言われ、車で送らされた

 ・送らされた後、下車するときにドアから出ずに窓から出たり、足でドアを閉められたりした

 ・無理やり、酒を飲まされる。「もう無理です」と言うと、「ざこいな」と顔を平手打ち

 ・ビール瓶を口に突っ込まれて飲まされ、飲み終えた瓶で頭をたたかれた

 ・激辛ラーメンを無理やり食べさせられる。「もう無理です。許してください」と言っても、「汁まで全部飲め」。食後、トイレに駆け込んで苦しんでいると、大笑いされた

 ・ドレッシング、焼き肉のタレ、キムチ鍋のもとなどを大量に飲まされる

 ・「太れ」と言って、大量の菓子を口に詰め込まれる

 ・ラーメン屋で、卓上にあったショウガの汁、酢を水に入れて飲まされる

 ■嫌がらせ、悪口など

 ・輪ゴムを顔に当てる

 ・指導案に落書きされる

 ・髪の毛や衣服を接着剤、洗濯のりまみれにされ、「こっちの方がかっこええ」

 ・仕事上の質問をした際、「誰に許可得てしゃべっとん。くずがしゃべんな」

 ・「性病」「くず」「くそ」「うんこ」「ごみ」などと呼ばれる(毎日)

 ・「犬」と呼ばれる

 ・児童に対し「○○先生(被害教員)の言うこと聞かんでいいで」と言われる

 ・児童に対し「○○先生(被害教員)はセミを食べるねんで」と言われる

 ・家族や親しい知人の人格を否定するような悪口を言われる

 ・運動クラブの際、「俺、なんもやらんからお前全部やれ」と言われた

 ・「お前みたいなやついじってんねんから、感謝しろ」「お前見てたらイライラする」と言われた

 ・加害行為について現校長の指導を受けた後、「くそやな」「謝るんやったら土下座でもなんでもやったるわ」「お前が全部言ったんやろ」などと言われた

出典:yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00000007-kobenext-soci

 被害教諭をよく知る男性がMBSの取材に応じました。

 「凄く辛い唐辛子を無理やり食べさせられて、その後トイレに直行して吐いたんですけど、誰も助けに来ず、家庭科室にいた加害教諭4人はそのまま教室に帰って、被害者1人が残されたということもありました。」(被害教諭をよく知る男性)

出典:yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00029976-mbsnewsv-l28

男性教諭(25)が2017年に赴任した当初から「おまえの頭は空っぽ」など過度なからかいの対象となっていた

出典:yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00000035-kyodonews-soci

加害教師4人組の1人で、30代男性のA教師が、後輩教師の男女に対し、「お前ら、今日やらんかったら知らんぞ」などと脅迫の上、性行為を強要し、その証拠画像を撮影して送るよう指示していた。さらに「(証拠画像は)汚いからオレの携帯には送ってくんなよ」と命じた上、動画が報道されている「激辛カレー強要事件」の被害者であるX先生の携帯に、その画像を送らせたことも分かった。

出典:yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191016-00014745-bunshun-soci

もう4人とも逮捕でいいのでは、という気がします。

これで逮捕されないんだったら、「ここまでやっても逮捕されないのか、じゃあ自分も同じことやってやろう」というような者も出てくるのではないでしょうか。逮捕じゃないなら、消極的に暴行を推奨するのと同じことになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

登場人物2:主犯格(?)の加害者

名前:長谷川雅代?

年齢:40代

性別:女

地位:前校長が連れてきたお気に入り、いじめ対策担当の教員

経歴:

2017年03月 神戸市立神陵台小学校から転出
2017年04月 東須磨小学校に赴任、いじめ行為を開始
2017年 ?月 3年生男児に、椅子を引き机に頭をぶつける被害を発生させる
時期不明 児童に、反抗して学級崩壊を招くよう、けしかける
時期不明 児童の胸ぐらをつかむ、答案用紙を破り捨てる
2019年10月現在 有給休暇中

児童を焚きつけていたことが判明

仁王校長が9日に開いた会見では、「反抗しまくって(X教員の)学級をつぶしたれ」と生徒をたきつけた過去があることもわかった。

出典:yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00016297-jprime-soci&p=2

長谷川氏の家族について

 A教員の家族を知る70代の女性は、

「A先生は神戸市出身、地元の小中学校を卒業しています。お兄さん、お姉さんがいて、4人きょうだいの末っ子。お兄さんたちも、お兄さんの奥さんも教師とか教育関係の仕事をしているそうです。

 お父さんも教育関係の仕事に従事していて、おじいちゃんも有名な人だったと聞きました。教育者の家庭ですよ」

出典:yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00016297-jprime-soci&p=2

「Aさんと小中学校が一緒だった人の話では、結構おてんばだったせいか、結婚はしてないようです。一見、しゃべりやすい気さくな関西のおばちゃん。でも反対に、上から目線、人をなめているような態度で、あたりが強い、と感じる人もいたそうです。昔はお兄さん一家と同居していた時期もありましたが、義理のお姉さんとそりが合わなくて家を出たという話です」

 現在は、神戸市内の学校からも実家からも近い賃貸マンションでひとり暮らし。

 時折、母親が1人で暮らす実家に食事を届けたりしていたという。

「お母さんは、2人の息子さんについては、教師をやっているとか教育委員会に勤めていると自慢話をするんですが、Aさんの話はまったく聞いたことがありません。教師をしていたとは知りませんでした」(母親の近隣住民)

 以前は、自分が購入した家に、母娘で住んでいたが、兄家族とうまくいかなかったように、母ともそりが合わなくなったのかもしれない……。

出典:yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00016297-jprime-soci&p=3

長谷川氏の兄嫁の母と兄嫁

 A教員の兄は、妹のことをどう見ているのか。兄宅に行くと兄嫁の母が対応した。

「Aさんは確かに親戚ですが、私はよく知らなくて……。ここにはAさんはおりません」

 と恥さらしな事件に戸惑うばかり。やがて帰宅した教職に就く兄嫁は、口を閉ざしたまま自宅に入っていった。

出典:yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00016297-jprime-soci&p=3

女性教諭を知る教諭の話

事情を知る教諭はこう話す。

「被害者を職員室で蹴ったり、小突いたり、イジメは日常的でしたよ。ある時、先生が集まる会合があったのですが『お前は来るなよ』と男性教諭の一人が、平手で突き飛ばしていた。その横で女性教諭が、嬉しそうな顔していたそうです。またSNSでセクハラまがいのメッセージを送るよう強要されたりもしていた」

 そしてこう続ける。

「動画でもわかるように、いつもイジメの中心となっているのが、女性教諭だ。まさに、ボスって感じですね。他の男性教諭をアゴで使い、やってこいって雰囲気です」

出典:yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191016-00000086-sasahi-soci

女性教諭について同僚がこう語る。

「手は出さないが口では、めちゃくちゃ言いますよ。『こら、お前なめてんのか』『言うこと聞かんか』とかとても学校の先生とは思えない言葉使い。『あんた欲求不満か、最近やってないのか』などセクハラのようなことを言われた先生もいます。記者会見でも認めていたが被害者がイジメを訴え出て、4人の教諭たちが事情を聞かれると『お前のせいで呼びつけられて、説教されてしまった』と激怒していた」

出典:yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191016-00000086-sasahi-soci&p=2

長谷川氏は、児童に対しても、暴言、暴行があったようです。

被害者の先生とは最初から仲が悪かったわけではないようです。被害者の先生のプライベートなことを他の人に話してしまったようです。それが原因で二人は疎遠になっていったようです。

ほとんどの行為は、他の3加害者とは別々に行われたようですが、詳細はまだ調査中のようです。校長の話では、誰が主導した、というようなことはない、という認識のようです。

前校長の時代には、お気に入りであったため、暴行でも何でもできたのでしょうか。

いじめ防止担当という地位にありながら、自らいじめ(暴行)を率先して行うという卑劣な人物のようです。当然、長谷川氏の責任は厳しく追及されるべきと思います。しかし、最大の責任者は、前校長ではないでしょうか。

組織内で働くと、組織の構成員間で揉めることなどよくあることです。

それを収めていくのは当然、管理者の責任でしょう。この点、前校長は、管理者として全く機能していなかったようです。

10月16日発表 謝罪文

 【40代女性教員】

 子どもたちに対しては、こんな形になって申し訳ないです。子どもたちを精いっぱい愛してきたつもりですが、他の職員を傷つけることになり、子どもたちの前に出られなくなり、申し訳ありません。私の行動で、迷惑をかけてしまったことに対して、本当に申し訳ないと思っています。

 被害教員に対しては、ただ申し訳ないというしかありません。被害教員のご家族に画像を見せられ、入院までしている事実と、苦しんでいる事実を知りました。本当にそれまでは、被害教員には自分の思いがあって接していたつもりです。自分の行動が間違っていることに気付かず、彼が苦しんでいる姿を見ることは、かわいがってきただけに本当につらいです。どうなっているのかと、ずっと思っています。

出典:yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-00000000-kobenext-soci

これが本心かどうかわかりませんが、教師のわりに、人の心を感じ取る能力が低すぎるような気がします。謝罪などどうでもいいのではないでしょうか。大事なことは、刑事罰を与えることと思います。

スポンサーリンク

登場人物3~5:共犯(?)の加害者

名前:柴田祐介?、蔀俊(しとみたかし)?、佐志田英和?

年齢:30代

性別:男

経歴:

2016年 児童を突き飛ばし骨折させる
2017年 いじめ行為を開始
2019年10月現在 有給休暇中

3人のうち、2人は前校長の芝本氏と親しい関係にあったようです。だから、被害者の先生が芝本氏に相談したときに、対処しなかったのでしょうね。

 加害教員B、Cを知る卒業生に話を聞いた。

「2人とも優しくて面白い先生でした。生徒を怒鳴ったりする怖い先生ではありませんでした。B先生はどちらかといえば体育会系の印象ですが、いじめるようには見えませんでした。けっこうイケメンで、女子生徒に人気がありました。結婚していて小さなお子さんがいるはずです。C先生も結婚しています」

 ただ……と、その卒業生は言葉を探し、こう続ける。

「B先生と同じ学年を受け持っていた怖い先生がいました。生徒たちも怖がっていましたが、すごくいい先生でした。その先生がいたときは、ほかの先生たちのストッパーになっていたと思います。僕たちが卒業した後に、その先生も異動になり、やりたい放題になったのでは」

出典:yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00016297-jprime-soci&p=2

10月16日発表 謝罪文

【30代男性教員A】

 ここまで被害教員を大切に育ててこられたご家族の皆さま、このたびはこのようなあってはならない事態を引き起こしてしまい、大変申し訳ありません。ご家族の皆さまには直接お会いして、謝罪の辞を述べさせていただきたいと思います。

 東須磨小の保護者の皆さま、そして子どもたちに、おわびをしなければいけません。いけないことを教える立場の私が、加害者となり、混乱と不安を与えてしまうことになってしまいました。信頼を裏切ることになってしまったことを、深くおわびしたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。

 【30代男性教員B】

 自分自身の相手への配慮に欠ける言動や、軽はずみな言動に、最低な人間だと実感しました。一社会人として、人間として、恥ずべきことと考えています。もし、許されるのであれば、被害教員やご家族に直接、誠心誠意、謝罪したいと思います。

 東須磨小の児童、保護者の皆さん、自分の身勝手な言動で、たくさんの迷惑をおかけしました。この事案を機に自分の在り方をしっかりと見直し、自分の言動に対して猛省を続けたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。

 【30代男性教員C】

 相手のことを思いやらずに、自分勝手な行動で相手を傷つけたことを反省しています。被害教員をはじめ、私の行動で嫌な思いを先生方にさせてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 東須磨小の子どもたちや保護者の皆さんには、申し訳ない気持ちです。私の犯した行為は、許されることではありません。東須磨小の子どもたちは、素直な明るい子どもたちなので、そこを伸ばしてほしいと願っています。ただ、私の行為はその成長の邪魔をしてしまったと思っています。

出典:yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-00000000-kobenext-soci

これは本心でしょうか。どちらでもいいことだと思います。大事なことは、刑事罰を与えることでしょう。ここで処罰しなければ、これだけやっても処罰されない、と宣伝するのと同じことです。

スポンサーリンク

登場人物6:放置、隠蔽した校長

名前:仁王美貴(におうみき)

年齢:55歳

性別:女

経歴:

2018年 ?月 教頭として赴任
2019年02月 被害者とは別の教員からの申告を受けるも口頭注意しかせず
2019年04月 校長に就任
2019年06月 被害を直接確認したにもかかわらず市教委に報告せず
2019年07月 「過度のからかいがあった」と暴行の事実を隠して市教委に報告
いじめを把握した後も解決済みとの虚偽の報告を教育委員会に行う
「解決したとはいっていない」と否定

「大丈夫」という被害教員の言葉を根拠に、神戸市教育委員会に報告していなかったようです。この点につき、隠蔽の意図はなかったと、記者会見では発言しています。

おそらく、大ごとにしたくなかっただけでしょう。

気持ちはわからんでもないのですが、この時点で、被害の態様を被害者本人から直接見せられており、事件が存在することの確信は心の中にできていたはずです。少なくとも、消極的な隠蔽とは言えそうです。

記者会見でのこの人の証言が本当なら、事態を把握するのが遅すぎです。この人が東須磨小学校の教頭に着任した2018年にはすでに暴行事件はおきています。事件の存在を明確に把握したのは、2019年6月下旬~7月初旬ですので、1年程度は事態を認識できていなかったことになります。

管理者としては、無能という他ありません。

登場人物7:主犯格の加害者を連れてきた前任校長

名前:芝本力

年齢:?

性別:男

経歴:

2016年 教頭として赴任
2018年 校長に昇任
2018年12月 被害者から相談を受けるも、もみ消す
2019年 神戸市立高津橋小学校に転任、仁王氏に暴行の件をひきつぎせず

事件に関する情報:

教員の好き嫌いが激しかった、パワハラを繰り返している、被害者にパワハラ発言、「裏切ったら完全に切る。誰についたらいいか分かるやろ」、「お世話になっとるんやろ。いじめられてないよな」との発言あり。校長室内で厳しい指導をしていた模様。

期末面談での対応

男性教諭は昨年12月、定期的に行われる「期末面談」の場で当時の校長に相談しようとした。ところが、校長室に入ると「お前が嫌がらせされていると聞いた」と切り出され、「それはいじめじゃないよな」「いじめられてないよな」と繰り返し言われた。最後には「(加害教諭と)仲は良いよね」と念を押され、男性教諭はいじめを否定せざるをえなかったと説明しているという。

出典:yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00050210-yom-soci

 

「気付かなかった」「相談はなかった」と発言

神戸市の小学校教諭が先輩教諭らから、いじめを受けていた問題で、前の校長が初めて取材に応じ、「いじめには気付かなかった」と話した。東須磨小学校から、ことし4月に異動した前校長は、「まさかいじめられているとは思っていなかった。仲良くやってくれているようには見えていた」。「教諭らの行き過ぎたやり取りは、自分の前ではまったくなく、いじめに気付かなかった」と話した。20代の男性教諭は、先輩教諭4人からいじめを受け、休んでいる。前校長は、ことし2月に、別の教諭から申告を受けたことについても被害を受けた男性教諭から大丈夫と聞き、大きな問題はないと考えたと話している。前校長は、「気付けなかったというのは、管理職として大きな責任あると思う。」と話す一方、被害にあった男性教諭から直接の相談はなかったと話している。

出典:yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000000-ytv-l28

 威圧的態度については、「威圧するつもりはなかったが、打ち明けにくいと感じさせてしまったことは申し訳ない」とし、飲み会の参加強要は「今考えると、パワハラだと言われても仕方がない」と認めた。

出典:yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191016-00050123-yom-soci

この人もなかなかの人物ですね。暴行が黙認されるような教員間の人間関係を醸成したのは、この人ではなかろうか、という気がします。上記の期末面談の様子からすると、完全に、事件のもみ消しを図っていると認定していいのではないでしょうか。

「相談はなかった」などと発言しているようです。これまでの経緯からすると、どうかんがえても、虚偽の発言と思われますが、皆さんはどう思われますでしょう。全く信用できない人物ですね。

主犯格と目されていた長谷川氏がのさばり散らすことができたのは、校長だった芝本氏に気に入られていたからだけではないようです。芝本氏が暴行事件の初動の段階で対処していれば、ここまで事件は大きくならなかったのではないでしょう。

個人的には、今回の事件の真の責任者はこの人物のように感じます。仁王氏の能力不足もあるでしょうが、種を撒き、重大な暴行事件に育てた主犯はこの人物でしょう。

この人物にも訴追の手が及ぶことを祈るばかりですが、元検察官の若狭弁護士は、前校長が共犯に問われることは難しいという趣旨のことを、言われているようです。

スポンサーリンク

登場人物8~10:その他の被害者(男性1人、女性2人)

経歴:

2019年04月 20代の女性教員に加害教員Aが暴言 
2019年05月 20代の男性教員が暴言を受ける

事件に関する情報:

女性教員の一人はセクハラ被害を訴えている。内容は下記のとおり。

 この4人のうち、1人の男性教諭からセクハラを受けていたという20代の女性教諭が取材に応じた。「自分の体形についてからかわれたり、生理の周期を周りの人におもしろおかしく言われた」などと被害を訴えた。

出典:yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00000071-ytv-l28

 学校側の会見でいじめ被害を受けていた教諭が他にも3人いることが明らかになり、そのうちの1人で東須磨小学校に以前勤務していた女性教諭がMBSの取材に応じました。

 「生理の日であったりとか、だいたいもう生理かなという時に、『そうなんじゃないか』って言われたりとか、1度だけじゃなくて何度も何度もあった。肩をたたかれる、腕をつかむとかもあったし、しゃがんでいる体勢から足でお尻を持ち上げる。」(東須磨小学校に勤務していた女性教諭)

 男性教諭から度重なるセクハラ行為を受けていたと話す女性教諭。ほかにも去年行われた運動会では教諭同士で玉転がしを行う競技で、女性教諭は男性教諭から必要以上につかまれたり引きずられたりしたと訴えています。

 「手首の所をすりむいたり、服も引きずられて上にあがったり、ということもあったので。後ろの腰のあたりをすりむいたりとか、1年経った今でもその時の傷やろうなというのが腰と手首に残っています。」(東須磨小学校に勤務していた女性教諭)

出典:yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-00030000-mbsnewsv-l28

 

今回の事件の被害者の先生以外にも、上記のようなハラスメント行為をうけた人がいるようです。まだ出てくるでしょうかね。

登場人物11:神戸市教育委員会

共犯ではなさそうですが、役にたたなかったようです。

市役所に、下記の登場人物13の元教師から情報が上がってきていたのに、把握していなかったそうです。

この事実をもって、市教委が怠慢とは言えないとは思いますが、神戸市の組織というのは、結構いい加減なのでしょうか。

登場人物12:5人目の加害者?

どうやら、10月11日にはいって、また新しい加害者らしき人物がいることが分かったようです。

この記事を最初に書いたときに予想したように、やはり、叩いたら出てきてしまったようです。

10月16日の保護者説明会

 出席者からは、加害教員による暴行や暴言の内容について質問が集中。激辛カレーを食べさせている動画などを巡り、「4人の加害教員の他にも責任を取るべき教員がいるのか」と問われ、学校側は「十分に聞き取りができていないため、調査を続けたい」との回答にとどまった。

出典:yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191016-00000016-kobenext-soci

5人目の加害者がいるのかどうかは、調査中のようです。グレーなところなのかもしれないですね。

スポンサーリンク

登場人物13:元教師の被害者

名前:?

年齢:?

性別:?

経歴:

2018年01月頃 前校長からパワハラをうけたと市の窓口に相談

被害者が他にもいたようです。この元教師の方は以下のように述べておられます。

【パワハラを市に相談した元教師】
「役所の中のパワハラ相談というのがあるんですよ。前の校長もなかなかのパワハラだったので。市教委は校長会とか学校と結託してるし、一教員が訴えたところで何もならないと思ったので」

出典:yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-19281208-kantelev-l28

市教委は情報を持っておらず、役に立たなかっただけかと思っていたのですが、「市教委は校長会とか学校と結託」ということは、もしかしたら市教委にも責任があるのかもしれませんね。

事件の構図

被害者の先生 VS 加害教員4人(5人?)、という単純な話ではなさそうです。

被害者の複数の先生 VS 前校長と手下、というのが実態で、記者会見の内容から察するに、現校長の仁王氏は、手下の加害者の暴走をおさえられなかった人、という様子です。

前校長が暴行を黙認し、組織風土を腐らせたようなので、他にも被害者の先生と、加害教員が出てくるのではないでしょうか(出てきました。登場人物8~10)。

スポンサーリンク

事件の真の責任者は誰?

前校長の芝本力氏でしょう。

仁王美貴氏は、記者会見を見た限り、単に能力不足か、怠慢か、その両方でしょう。これはこれで、もちろんダメですが、この人は積極的に暴行事件を引き起こしたわけではないようです。

暴行が黙認される風土を組織内に醸成し、事件を放置するどころか、あろうことか被害者にパワハラ発言や隠蔽工作をしていました。組織の管理者として全く機能していません。この人が黒幕でしょう。

事件の誘因「神戸方式」

前の校長と現校長、加害者の責任は重大ですが、そもそも、このようなことが起きてしまった原因は「神戸方式」という神戸市独自の人事慣行にあります。

 神戸方式とは、教員の希望に基づき、現行の配属先と異動先の校長が調整して素案を作成し、市教委が追認する慣行で、1960年代に始まったとされる。

 優秀な人材や、自分の言うことを聞く教員を確保しようとする校長の意向が反映され人事の公正さが失われ、配属された教員が校長の威光を盾に発言力を持つ弊害があるとも指摘していた。

出典:yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00000014-kobenext-soci

前校長と長谷川氏の癒着を断ち切ることができていれば、長谷川氏は暴走することはなかったのではないでしょうか。長谷川氏とつながりのない別の人が、長谷川氏の上役になっていれば、こんな事件が起きずにすんだのではないかと思わざるを得ません。この点、10月11日に、神戸市教育委員会の長田教育長は、

この日の質疑で、神戸方式を廃止し「適材適所の人事配置を行うため、新たな制度を作る」とした。

出典:yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00000014-kobenext-soci

と発表しています。

再発防止策について

こういった事件は、学校に限らず、どこでも起きていることと思います。今般の事件はもう起きてしまったので、どうにもなりませんが、今後起きないようにするためには、どうしたらいいでしょう。

この点、自分は、以前から、犯罪者や準犯罪者の所在をネットで開示するサイトを運用すればいいのではないかと考えています。

しくみは簡単で、サイト上に、事件の概要と犯罪者等の名前を載せておき、サイトやSNSで常に情報を募集し、書き込みや画像や動画のアップロードができるようにしておけばよいと思うのですが、どうでしょう。

本当に事件かどうか、その事件の加害者かどうかなどは明確にしておく必要はあると思います。これができれば、おいそれと悪事を働けなくなり、同様の事件を防げると思いますが、どうでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

被害者の先生がた以外、クズばかりです。こんな低劣な職場があることに、びっくりしました。精神の水準が小学生か中学生のようです。30代40代でこんなことをする人間が今の日本にいるのですね。自分の周りではまったく見たことがないです。この者たちは本当に日本人でしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。