心理コンサルタントの晴香葉子さんはどんな経歴?年収はどれくらい?

 心理コンサルタントの晴香葉子(はるかようこ)さんが、2019年8月27日火曜 夜7時から、TBSで放送される、この差って何ですか?に出演されます。心理系のテーマについては、かなり有名な方のようです。

どういう経歴の人で、どのくらいの年収の人でしょうか。検討してみました。

スポンサーリンク

晴香葉子さんの経歴

出典:https://harukayoko.com

名前:晴香葉子(はるかようこ)、本名は非公表

生年月日:不明

出身:東京都

学歴:

成城大学大学院文学研究科コミュニケーション学専攻

職歴:

IBM系列のIT企業に就職
1999年 心理カウンセラー・講師として起業
2008年 株式会社リトルクローバー設立
2008年 成城心理文化学院研究会設立
2015年~ 早稲田大学オープンカレッジ心理学講座講師
現在は、執筆・寄稿、講演、マーケティングに関する情報提供、メディア出演等

 大学ではマーケティング心理学を勉強されていたそうです。会社勤めをされている間に、人の心に関する仕事に就くことをお考えになられたようです。会社を退職後、いろいろな学校で心理学やカウンセリング、コーチングを学ばれています。ビジネスマナーにもお詳しいようです。今は、ポジティブ心理学やコミュニケーションについて教えておられるそうです。

 ご年齢は、著作の記事の内容を見る限り、40代半ば以降と推測します。非常に美人な方ですね。

 いわゆる、安定した職を離れて、信じる道に進まれた点は、尊敬に値すると思います。病院や会社ではなく、独力で顧客を集めてカウンセリングの経験を積んでおられるようです。たたき上げで有名になられた方のようです。この点も尊敬に値すると思います。経営者としての能力が高い方なのかもしれません。

 いろいろ調べてみた限り、医療系ではなく、マーケティングや職場関係の方面がご専門のようです。本名を非公開にされているのは、ブランディングやプライバシーを守るためでしょうか。

スポンサーリンク

年収ってどれくらい?

2,800万円程度でしょうか。

 本の執筆

 これまでの著作が30作、平均10万部、平均単価1,500円、印税が正味で5%程度として、2億2,500万円。活動開始が1999年として、今で20年。これで平均年収約1,000万円。

 講演、イベント、テレビ出演

 仮に、いろいろ合わせて月4回、単価30万円として、年1,440万円。

 雑誌等の連載、寄稿

 仮に、1ページ5万円、1回2ページ、年40回程度として、年400万円。

 合計、2,800万円程度でしょうか。相当、売れっ子の方のようですので、もっと多いかもしれませんね。

まとめ

 今回は、心理コンサルタントの晴香葉子さんについて取り上げました。マーケティングや心理的な分析が得意な晴香葉子さんが、2019年8月27日火曜 夜7時から、TBSで放送される、この差って何ですか?に出演されます。どのような分析が聞けるか楽しみなところです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク