古川九一の結婚や子供は?馬鹿すぎなの?【政務活動費】

かつて、はいすくーる落書というドラマで、不良役の俳優をしていた人がいるようです。

現在は、埼玉県川口市の市議会議員をされているようです。

俳優から議員というのは思い切った転身のようですが、ご結婚されているのでしょうか。お子さんはおられるのでしょうか。政治活動はうまくできているのでしょうか。

スポンサーリンク

ご結婚はされている?

出典:http://gree.jp/furukawa_kuichi

されています。

昌代さんという方とご結婚されています。

古川さんは、1970年生まれ、2019年時点では49歳ですので、結婚しているのは普通かと思います。

お子さんはおられる?

出典:TBS

穂乃花さんという娘さんがおられます。

2011年5月にお生まれになっています。

2011年生まれなので、現在8歳でしょうか。

活動をご家族から支持されるというのは、非常にいい話ですね。番組を見た限り、古川さんも満足されているようなので、とても幸せそうです。

古川さんが幸せそうにされているのを見て思ったのですが、みなさんだったら、議員になりたいですか?

市民のために働くというのはいいことと思いますし、そういう気持ちがある人は大いにやればいいと思うのですが、自分だったらと考えると、自分はやりたくないです。

誰かのために働く、というのは大変賛同できるのですが、働き方が気に入らないです。

議員も結局、労働者で、時間の切り売りであることに変わりありません。時間をお金に換えていることに何ら変わりありません。

1日24時間という物理的な制約がある以上、労働だと、仕事すること=プライベートの喪失にならざるを得ないからです。

常々思っているのですが、勤労性所得しか生きていく道がないかのような学校教育はあらためていかないといけないのではないでしょうか。

生活にゆとりや豊かさを感じられない最大の理由は、お金ではなく、時間のなさや忙しさにあります。

だとしたら、プライベートの喪失につながる労働は悪であるという直視したくない現実を、いい加減、はっきりと認めるべきではないでしょうか。

収入の自動化が比較的容易な時代にあって、人々の働き方が依然として変わっていかないことに、失望を感じます。

スポンサーリンク

政治活動はどうなの?

44歳のとき、2015年4月の川口市議選で当選されています。

川口市議会のページ内に、古川さんのページがありました。

所属会派
自民党川口市議会議員団
当選回数
2回
所属委員会
建設消防常任委員会 / 議会運営委員会 / 保健医療・高齢者等福祉対策特別委員会

出典:https://kawaguchi.gsl-service.net/meibo/2015051600084/

経歴は?

武南高校という学校の卒のようです。

活動は?

ネット上で、古川さんを「馬鹿」と罵倒する人がいるようですが、特段不祥事などは見当たりませんでした。

政務活動費の支出について調べてみると、平成27年度では187万円のうち、82万円ほど使用されています。支出比率は44.33%とのことで、別におかしいことは特にないようでした。

今は2回目の当選であり、市民からの信頼は得られているということではないでしょうか。

なぜ、俳優をやめて議員になられたのかについては、特段見当たりませんでした。

まとめ

今回は、俳優から市議会議員になられた、古川九一さんについてとり上げました。ご結婚しておられます。娘さんがおひとりおられます。政治活動については、不祥事などは見当たりませんでした。

普通に市議会議員として活動されているようです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク