ダーリー・リン・ルティアの経歴と現在は?1996年テキサス州の事件

20年以上前の事件で収監されている人が、米国にいるそうです。

日本の人ではないので、日本のwikiには経歴がでていないようです。どんな人か、調べてみました。

スポンサーリンク

ダーリー・リン・ルティアのプロフィール

出典:tdcj.texas.gov

名前:Darlie Lynn Peck Routier

生年月日:1970年1月4日(49歳)

出身:ペンシルバニア州アルトゥーナ

経歴:

1988年 ?月 18歳 モントレー高校卒業(Monterey High School Lubbock,Texas)
1988年08月 18歳 結婚
1996年06月 26歳 息子二人を殺害(?)、殺人罪で逮捕
1997年02月 27歳 死刑判決を受ける
2011年06月 41歳 離婚
2019年05月 49歳 ABC20/20においてドキュメンタリー番組が放送される
2019年現在 テキサス州ゲイツビルにある施設に収監中

事件のあった場所

子供のころに、両親が離婚、母親は再婚するも、言い争いが絶えない家庭だったようです。その後、また離婚したようです。

ダーリーと、後の夫のダリンは高校のときから交際していたようです。同じ会社に就職し、その後、会社設立。会社は急速に成長したようですが、支出のコントロールができなかったようです。信用力が低下し、銀行借り入れができなくなったようです。

どうやら、経済的な理由から、自殺か心中をしようとしていたようですが、真相ははっきりしませんでした。誰が犯人か白黒はっきりしていないようで、米国のテレビ番組でも取り上げられています。

part1~5まであるようです。↓

この人が犯人であるような気はしますが、どうなんでしょう。もし犯人だとしたら、事件の根源は、お金に関する教育のなさに起因しているような気がします。

どこかで、お金とのかかわり方は、稼ぐ、使う、守る、投資する、分ける、の5つだと聞いたことがあります。

この人は、使う部分が全くできていなかったようで、無分別に、高級車や船、宝石などに使ってしまったようです。

お金を使うときには、価格と価値、必要なものと欲しいもの、現在の支出と将来の収入との比較など、着目すべき点がいくつかあると思うのですが、この辺りのことについて、この人は知らなかったのではなかろうか、という気がします。

知っていればこのようなことにならなかったであろうと、気の毒でなりません。

スポンサーリンク

現在は?

出典:tdcj.texas.gov

テキサス州ゲイツビルにある、テキサス州刑事司法省マウンテンビューユニットというところに、死刑囚として収監されてるようです。識別番号 999220 のところに情報が記載されています。

米国では、犯罪者の情報が公的機関によって開示されているようです。日本でもやって欲しいと常々思っているのですが、皆さんはどう思われるでしょう。

本当に犯人かどうかよくわからない人の情報開示については、慎重であるべきとは思います。

まとめ

今回は、1996年にテキサス州で起きた殺人事件で死刑判決をうけている、ダーリー・リン・ルティア氏についてとり上げました。あまり幸福な人生とは言えない人のようでした。

現状、彼女が真犯人かどうか白黒ついていないようなので、今後どういった結末になるのか、大変気になるところですね。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク