ウィルスばらまき男の持病や経歴は?【死去】

コロナウィルスに感染していることの確認が取れた後に、愛知県蒲郡市内の飲食店に訪問していた件で話題の男性は、伴充雅さんの可能性が高そうでした。

入院後に、暴力沙汰を起こすのではないかと懸念されていたようですが、伴さんは亡くなられたそうです。

どういう人で、持病や死亡原因は何だったのでしょうか。

スポンサーリンク

伴充雅のプロフィール

2012年12月 49歳 自動車運転過失傷害、道路交通法違反で逮捕
2018年1月 54歳 恐喝容疑で逮捕
2020年3月上旬 56歳 コロナウィルス感染後に飲食店訪問
2020年3月18日 56歳 死去

2012年時点では会社員をされていたようでした。2018年時点では無職の状態だったようです。

判明している経歴情報では、2件の逮捕歴しかわかりませんが、もっと遡れば、もっとあるのかもしれませんね。

犯罪や逮捕にならない程度のトラブルを、たくさん起こしているタイプの人なのかもしれません。

うーん、普通の人は恐喝されることはあっても、恐喝することはないで、伴さんは普通の人ではなさそうな感じですね。

恐喝事件では3,000円脅し取るということをされたようですが、3,000円で逮捕というのは、コストベネフィットを考えると、わりに合わないような気がしました。

伴さんはそういうことは考えない直線的な思考の人なのでしょうかね。

うーん、ウィルス感染がなければ亡くなられていなかったであろう、と気の毒に思う反面、何度も逮捕されている方なので、同情する気持ちが何となく薄れるのは自分だけでしょうか。

自宅は?

自宅は一戸建てのようですね。

無職とのことでしたが、貧困状態にあるわけではないようです。

安静にしていれば死なずに済んだかもしれないのに・・・、と思うのは自分だけでしょうか。

死因はコロナによる肺炎、持病は肝臓がん

男性は新型コロナウイルスに感染する前から、肝細胞がんの基礎疾患があったことが新たに分かった。

愛知県・大村知事;
肝臓がんを患っておられたので、基礎疾患があったため免疫力が弱っていたのではないかと推測されますが、そう(いう状態に)なると、こういう風に重症化するということなのかなと受け止めております

男性は入院時に症状はなかったが、愛知県によると死因は新型コロナウイルスによる肺炎だという。

出典:https://www.fnn.jp/posts/00050820HDK/202003181939_livenewsit_HDK

肝臓がんの持病があるところに、コロナに感染し、そこから肺炎にいたった、というのが死亡に至る経緯のようです。

がんというのは、それなりに大変な病気と思います。そこにコロナ感染が加わってしまったので、生きることが嫌になって、自暴自棄になられてしまっていたのでしょうか。

うーん、どうなんでしょうね。

それもあるのかもしれないけども、もともと他者に対して攻撃的な姿勢をとる傾向の強い人だった、というところのほうが大きいのでは?という気がしました。

攻撃的な姿勢の強さが、自分を殺してしまった、という感じでしょうかね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、コロナウィルスばらまき事件で亡くなられた、伴充雅さんを取り上げました。持病とは肝臓がんで、過去に2件の逮捕歴のある方のようでした。

どういう育ちの方かまではわからないのですが、気の毒な話ではあると思いました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。