クライブ・ウェアリングの若い頃や子供は?生活はできるの?

英国にクライブ・ウェアリング(Clive Wearing)という1938年生まれの音楽家がいるそうです。

1985年にウィルス脳炎が原因で記憶機能に障害が生じ、7~30秒程度しか記憶を保持できない状態になってしまったそうです。

この人は、子供はいるのでしょうか。7秒しか記憶できない状態で、子育てできたのでしょうか。今は生活できているのでしょうか。調べてみました。

スポンサーリンク

若い頃や子供は?

出典:https://www.youtube.com/watch?v=k_P7Y0-wgos&t=432s

えらいイケメンです。音楽家として成功していた人のようです。指揮者、声楽、ピアノなどをしていたようです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=k_P7Y0-wgos&t=432s

子供さんは3人いるようです。息子さん2人と娘さん1人とのことです。身長から察するに、長男、長女、次男の順番でしょうか。

子供さんの身長からすると、この写真はおそらく、1985年よりは後でしょう。7秒しか記憶が続かないにしては、割と普通の状態に見えます。

この後、どうなったのでしょう。普通の生活ができたのでしょうか。普通の生活ができず、一家離散など、悲惨なことになったのでしょうか。The Man with the 7 second Memoryという2005年の英国のドキュメンタリー番組では、以下のような様子でした。

子供はどうなった?

アンソニー・ウェアリング(Anthony Wearing)さん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=k_P7Y0-wgos&t=432s

おそらく最初に生まれた方です。様子を見る限り、普通に教育をうけて、普通に成人されたご様子です。自分の名前をお父さんに聞くのが怖くて、聞かなかったそうです。

想像していたような悲惨なことには全くなっていないようで、安心しました。

スポンサーリンク

アリソン・ウェアリング(Alison Wearing)さん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=k_P7Y0-wgos&t=432s

おそらく二番目の子供さんです。お父さんのことを素晴らしい人と思っていたそうです。お父さんは、いつも笑顔でいてくれたそうです。7秒しか記憶が続かないことを恐ろしく思っていたようです。

精神的に大変だったのかもしれませんが、普通に成人されているようです。

エドマンド・ウェアリング(Edmund Wearing)さん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=k_P7Y0-wgos&t=432s

エドマンドさんは一番下の子供さんです。お父さんのことをとても心配されていたようです。

様子を見る限り、エドマンドさんも普通に成人されているようです。

お父さんがおかしくなって、子供も普通の教育が受けられなくなったりして、滅茶苦茶になっていたりしないかと思っていましたが、まったくそんなことはないようです。お母さんのデボラさんが賢かったのでしょう。全然普通に見えます。

普通の生活はできるの?

できているようです。てっきり、精神病の人を収容する、牢獄か刑務所のような施設にでも幽閉されているのかと思っていたのですが、違うようです。奥さんのデボラさんといっしょに暮らしているので、大丈夫なようです。

様子からすると、家もそこそこ大きいようですし、キレイにしているようなので、お金もあるようです。

1985年以降、7秒程度しか記憶ができなくなったからといって、仕事ができなくなったわけでもないようですし、もともと音楽家として成功していた人なので、お金にはこまらなかったのでしょう。

まとめ

今回は、脳炎が原因で記憶が7秒しか続かなくなった、音楽家のクライブ・ウェアリングさんを取り上げました。子供さんは3人でした。普通に成人されているところからすると、子育てはどうにかなった模様でした。デボラさんのおかげで普通に生活できているようでした。

想像していたような悲惨なことになっていなくて、一安心でした。最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク