amazonのレビューを拒否された?理由は出品者評価?

amazonのレビュー掲載を拒否される、ということがあるようです。

出品者は中国の業者だったのですが、自分と同じような目に合う人を減らそうと思ってカスタマーレビューを書いたところ、掲載拒否されてしまいました。

出品者評価(フィードバック)のところに記載すべき内容だったからか、と思ったのですが、そうでもないようでした。

スポンサーリンク

掲載拒否されたレビュー

アマゾンで買い物をしたのですが、予定日の末日を経過しても届きませんでした。

結局、予定日の末日から2週間弱の遅れ、注文日から36日で到着でした。

他の人に注意を促すために、「中国の業者と確認しないまま注文したのは失敗でした。」という内容の投稿をしたのでした。

商品レビューと出品者評価は違うから?

自分はわかっていなかったのですが、商品レビューは商品そのものの内容についてレビューする場所であって、出品者について評価するところではありません。

アマゾンからのメールには、こう書いてあります。

レビューを書く際は、その商品特有の機能とその商品を実際に使用したあとの感想を中心に書き込んでください。出品者や配達に関するフィードバックは、www.amazon.co.jp/feedback でご提出ください。

したがって、「中国の業者と確認しないまま注文したのは失敗」という内容では掲載拒否されるのは当然なのです。と思ったのですが・・・

スポンサーリンク

訂正後、掲載されたレビュー

レビューの文言を、

訂正前:「中国の業者と確認しないまま注文したのは失敗でした。」

訂正後:「中国から発送しているようです。」

というように、変更してみました。すると、どういう訳かレビューが掲載されたのでした。

おかしくないですか?

文言を訂正した後も、商品そのものの内容については相変わらずレビューしていません。なのに、何故、掲載されるようになったのでしょう。

拒否した本当の理由は?

中国の業者を十把一絡げに警戒することを促す内容だったからでしょう。

分からんでもないのですが、日本の事業者より物理的な距離があるぶん、配送に関して日本の購入者が留意しておくべきであることは間違いないのではないでしょうか。

中国の業者と分かっていれば、日数を要するので回避しているところでした。

まとめ

今回は、amazonにレビューを拒否された件についてとり上げました。拒否されたのは、出品者評価に記載すべき内容だったからではなく、差別的と受け取られたからでしょう。

実際、日本の業者と異なるのに、その点に注意を促してどこがおかしいのかわかりません。

釈然としない顛末でした。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク