コリーヌジョンソンとロバート夫婦の死因は?68年で1日違いで死去

米国ミネソタ州ミネアポリス在住の夫婦が1日違いで亡くなられたそうです。

コリーヌ・ジョンソンさん(87)と夫のロバート・ジョンソンさん(85)。

68年間連れ添われたそうですが、1日違いで死去というのは、いったいどういう訳でしょう。死因は何でしょうか。

スポンサーリンク

死因は何?

出典:https://edition.cnn.com/2019/12/04/us/minneapolis-couple-married-68-years-dies-day-apart-trnd/index.html

コリーヌさんは、うっ血性心不全で、2019年11月24日に亡くなられています。

ロバートさんは、ガンで、2019年11月25日に亡くなられています。

ニュースでは1日後と出ているようですが、厳密には、33時間後に亡くなられたようです。ロバートさんは急病で亡くなったという訳ではなく、もともとガンであられたようです。

非常に仲のよい夫婦であったようです。

離婚という言葉を最近よくきくのですが、離婚というのは実は理由のないことではありません。生物としての生存戦略上、別れさせた方が都合がよいので、そのようになりがちなのです。

結婚当時には目につかなかった、相手の良くないところを見せるようになってくるのです。遺伝子が。それで離婚に至るわけです。

遺伝子の生存戦略に振り回されなかった、コリーヌさんとロバートさんはたぶん頭が良いのでしょう。

スポンサーリンク

経歴や自宅の様子は?

コリーヌさんの名前:Corinne Johson

ロバートさんの名前:Robert Evan Johnson

1951年10月20日に結婚されています。

コリーヌさんはキリスト教の教会で日曜学校の先生をしていたようです。ロバートさんは農業関係の仕事に従事しておられ、牛、豚、鶏の飼育、トウモロコシ、大豆、アルファルファ、小麦など作っておられたようです。また、早朝から仕事され、よく働く人であったようです。

お子さんは7人おられたようです。

しかし、7人も子供を育てるというのはすごい話ですね。お金持ちだったのかどうかは分かりませんが、ビジネスからの収入を途切れさせることがなかったであろうことは推察できそうです。

ということは、やはり一生懸命仕事されていたのでしょうね。

ご家族はご自宅の様子がわかる動画がありました。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、68年間連れ添って、1日違いでなくなられたという、米国ミネソタ州の夫婦、コリーヌ・ジョンソンさんとロバート・ジョンソンさんを取り上げました。死因はコリーヌさんが心不全、ロバートさんがガンでした。

長い間、仲良く連れ添うことができたのは、勝手にそうなったというわけではなく、両者の努力が相当あったことと思います。わたしたちもこうありたいですね。最後までお読みいただき、ありがとうございました。